リアッセンブル

Home > リアッセンブル

リアッセンブル

リアッセンブルとは?

聞き慣れない方が多いとは思いますが、リアッセンブル(re-assemble)とは、再び組み立て直すという意味で使っている用語です。

BBGOLFではメーカーのアッセンブル工場で流れ作業的に組み立てられたクラブを一度ばらし、まっさらなヘッドだけの状態から組み立て直すことをおすすめしています。
 

■ ウッドの場合

ウッドの場合


使用されているシャフトはカーボンシャフトが多く、そのカーボンシャフトには必ず扁平があります。 それは物理的な扁平の場合もありますし、シャフト硬度という観点からの扁平もあります。

それをそのまま使っていると、なぜか右に出やすいとか、なぜか左に行きやすいと言ったような現象が起こります。 また、シャフトの挿入角度が悪かった場合、ライ角に影響を与えたり、フェースアングルに影響を与えていたりします。

BBGOLFでは・・・
シャフトの物理的な特性を正しく把握し、シャフトをスイングに最適な方向に差し直しします。
また、シャフト挿入時にも本来のフェースアングル、ライ角になるようにしています。
   

■ アイアンの場合

アイアンの場合


ほとんどのメーカーの場合、ヘッド重量のばらつきがあるため、シャフト先端にいろいろな種類のおもりを入れることによってバランスを調整しています。

これにより結果的にバランスは統一されているが、総重量にばらつきが見られることが多々見受けられます(三浦技研のアイアンではヘッド重量のばらつきが無く番手ごとに等間隔でフローしています)。また挿入長(ホーゼルの深さ)もばらつきがあるため、長さにもばらつきが生じています。

BBGOLFでは・・・
まずは、シャフトを外しヘッドのクリーニングを行います。そしてヘッド重量の測定、ホーゼル深さの測定、ホーゼル長の測定を行い、ばらつきの状態を把握します。
この時点で調整が必要な場合は、ボーリングバイスなどを使用し調整することもあります。シャフトカットは必ず挿入長が決まってから行い、完全にシャフトエンドでも、0.5インチの間隔になるようにします。
重量の調整も最小限のウェイトですませられるよう、タングステンのパウダーを使用しています。また仮組み後のバランス調整では、0.1g単位で管理されたグリップを用い、バランスの調整を行っています。
   
リアッセンブル

このようにBBGOLFでは、すでに組み立てられたクラブも、もう一度組み立て直すことにより、よりパフォーマンスを発揮できるお手伝いをさせていただいております。
今お使いのクラブをSTUDIOにお持ちいただければ今どのような状態かすぐに確認ができます。

なお、アイアンの場合一度抜いたシャフトで新たに組み直すことも可能ではありますが、その場合物理的に長さが足りず調整ができない場合もありますので、新しいシャフトでのリアッセンブルをおすすめしています。またリアッセンブルの内容に関しても、カルテに情報を記入しお渡ししております。


TrueTemper DynamicGold S200でアイアン8本をリアッセンブルした場合
見積もりの概算